BLOG

私の亡き母(享年58)熊本県天草市の生まれでした。

がっつり火の国のオンナ。

ドッコイど根性オンナでした。

生まれは北朝鮮。父はいない。もしかしたら北朝鮮人かもしれません。

終戦後命からがら祖母に連れられて日本へ帰ってきました。

一方、父は博多の商家生まれの長男坊。

ボンボン育ち。

縦のものを横にもしない世代。

当然ですが気が向いた時しか家事はしません。

全くしないわけではないのがいいところ。

こんな家族に生まれた私は

男は「やるべきこと」の20%もすれば御の字、という価値観の元育ちました。

関東に行くと本当に男性が欧米人のようで驚きます。

そうか、男性も女性も平等なんだなぁ、と

改めて感じます。

多分ねえ、九州のオンナは男性に甘いのよ。

いや、

甘いというか

「まるでもって期待していない」

といった方が当たっているかもしれません。

そこらへんの動物か、

ペットくらいの感覚でしょうか笑

男性が働くと反対にビックリします。

「えっ (ꀐȝꀐ)?

働けたんだ?うそ?じゃあ今まで何やったん?」

となる。

これってもしかして

ひどい逆性差別なのかしら?

息子さんがバーベキューで焼いてくれたチキンとベーコンで作ったオープンサンド。
美味しかったあ♡

そんな私なので

男性に関する価値観は日本人スタンダードにおいて

若干甘いものがあるかもなぁ。

ただ、だからこそ

九州のオンナは仕事には厳しいよー。

自分ごととして仕事してるから。

誰も手伝ってくれないもの。

育児も一人。

ワンオペ人生って感じ。

だからこそ

私が

「これは、凄いよ」という

女性やモノ、コトは

日本スタンダードにおいても素晴らしいことが多い。

私が師事する人は基本的に女性が多いんです。

「私と同じように

育児しながら仕事しながらそれができる!」

っていうところに価値を置いているから。

九州オンナは

適当なコトはしませんし

適当な人やモノ、コトは推薦しません。

これ本当。

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA