BLOG

 

img_2762.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

よくメールだとか手紙の最後につける「どうぞご自愛ください」。

【自分を愛する】と書きますね。 素晴らしい表現だと思うのです。

ではご自愛(自分を愛する)って具体的にどうすればいいのか?

私たちはついつい自分をスパルタで育てがち。

物事に優先順位をつけて「やらなければならないこと」からスタートします。

 

でもそれだといつの間にか
「やりたいこと」が「やりたかったこと」

に変化し、最後には

「何がやりたいのかわからない」

になってしまう。

長い長い間「やるべきこと」を「TODOリスト」を作って

こなす毎日を送っていると、

知らない間に
「あれ?自分は何がしたかったのかなあ?」

になってしまう。

人の為に、自分の仕事のために…とやっているうちに「本来にやりたかったこと」を見失う。

でもね、【自分がやりたかったこと】は必ずありますよ♡

忘れているだけ。

どうやって見つけるか。
遠回りだけど近道なのは
【自分を愛すること】なんです。

具体的には「食う・寝る・遊ぶ」を充実させること。

img_2947.jpg

そんなことやってますよ?っていうかもだけど、よくよく見たら

 

「充実した【くうねるあそぶ】」は

なかなかやってないのが現状です。

 

 

食う… 本当に「食べたいもの」を食べているかな?

  それがご飯に納豆かけでもいいのです。
 何かをしながら食べるのではなく、「本当に味わって食べる」になっているか、どうか。
 そして「家族がこういうから」など

誰かの意思に任せた食事ではなく、

本当に自分が食べたいものなのかな?

「ダイエットによさそうだから」食べるもの、

「健康にいいから」とヘルシーなものを…だと

本当に体が求めているものを食べているとはいえませんね。

 

 

寝る… ちゃんと心ゆくまで寝ていますか?

できることなら朝目覚ましで起こされるのではなく、
体が目覚めたいときに起きれる日もあるといいですね。

    眠いから寝るという

体に沿った寝方をしているでしょうか?

遊ぶ… 「仕事のために」やることばかりになっていないでしょうか?
    

 

「仕事に役立つ」と読む本。

「仕事のために」と買う服。

「仕事に役立つから」とみるテレビ番組。

 

 私たちの生活は「仕事」にからんだことばかり。
 自分の人生を見渡すと全然

    「遊べていない!」

 つまり心が躍ること、心が求めている方向にまるで動いていない。

 

ココロはずっと仕事にがんじがらめになってる。

まずは自分を空っぽにしてみませんか?

 一日「何もしない日」を設定してみましょう。 
私はその日を「デレンコ日」と名付けています。

 

な~んにもしない日。洗濯も掃除も、な~~~んにもしない。

自分のココロと体を満たすことだけ考える日。

 

現代に働き盛りで生きている私たちにはこれを設定するのはなかなか難しい。
    

 

でも敢えてするんです。

 

 

な~んにもせずにぼけ~~っとする日。心が緩んでくるのを感じます。

img_2928.jpg

自分を愛することなく、人を愛することはできません。

 

 

自分の中の愛を溢れさせることから始める、愛活。
自分の心や脳みそ、体を緩めることがスタートです。

自分を本当に愛せるひとは、人も愛することができますね。
そしてそんな人こそ

「愛の人」として人の心にのこる仕事

だってできるのでしょう。

 

人に合わせるのが「愛の人」ではありません。
人に尽くす、人に貢献するのが「愛の人」とは限りません。

むしろ迷惑になっていることも!)

まずは自分を満たすこと。
溢れだした愛を人は感じるものなのです。

それはまず「くうねるあそぶ」の充実から、なのです。

img_2766.jpg

 

 

 

 

 

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA