BLOG

お彼岸でしたね。

私は母と祖母に会いにお墓に行ってきました。

お彼岸やお盆など、お墓参りをする風習は生者のためでもあるんだなぁ、といつも思います。

お墓の前で誓うこと、お仏壇の前で話すことに嘘偽りはないですね。

秋分や春分の時期は身体や心が不調になることも多い。

来し方行く末を想って、亡き人と、そして自分と対話しにいくのだろうと思います。


以前、とある霊能力者の方に前世を見てもらったことがあります。

過去世では、私は日本(確か四国)の生まれでした。

商家の長男坊だったので後継ぎ。

それなりに栄えた商店だったようなのですが、私が後を継いだのち、カルテルのような当時先進のビジネスシステムが導入されたそうです。

そのシステムに乗り切れなかったのか、

頑固にやりたくなかったのか…

先見の明がなかったのでしょうね、

最終的にそのシステムを取り入れることが出来なかったため、

ビジネスがうまくいかなくなり、先代からの商売を潰してしまったそうです。

それが私の過去世の中での「心残り」。

これをクリアするのが今世なのだそうです。


人生の前半部分は過去世のリビューなのだそうです。

そこで再現して今世での課題を明確にするのだとか。

だとしたら確かに今世の私は、恵まれた環境で、いろんな知識や体験を親から貰いました。

小さい頃はいろんな習い事をさせてもらって、

毎日遊ぶ暇もないくらい。

高校時代にはアメリカに留学させてもらったり、

大学に行かせてもらったり。

そして今自宅教室で英会話を教えてますが、

ビジネスをするのにすごく良い場所に自宅があったため、インターネットが今ほど普及してなかった時代から、多くの方に認知がありました。

この家を買ったのも親。

私が今の仕事でちゃんと食べていくだけやれてるのも親のおかげだったわけです。

自分の過去世と照らし合わせてみても同じくらい恵まれてる。

そう思うとお墓の前で手を合わせながら、

本当に心からの感謝の気持ちで涙が出ました。

これをどれだけ発展させていくか、そこが私の今世での課題。

過去世からの自分の無念を今世ではクリアしたいと思ってます。

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA